山寺(立石寺)/Yamadera (Risshakuji Temple)

山寺(立石寺)/Yamadera (Risshakuji Temple)

山形県山形市にある仏教寺院。正式名は立石寺。多くの人には山寺(やまでら)の通称で知られる。860年に清和天皇の命令で円仁(慈覚大師)が開創したとされる。切り立った崖の上に建ち、1015段もの石段を登った先には静かで美しい景色が広がる。1689年に松尾芭蕉が旅の途中で訪れ、その時のことが『おくのほそ道』に書かれている。また、名句「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」を詠んでおり、参道に句碑がある。

参考URL:ウィキペディア
写真提供:やまがたへの旅
English page

山形県山形市/Yamagata city, Yamagata prefecture

山寺(立石寺)/Yamadera (Risshakuji Temple)山寺のイラスト1

関連するイラスト/Related pictures

  1. 出羽三山/Dewa Sanzan (The three mountains of Dewa)

  2. 大原三千院の写真2

    三千院/Sanzen-in Temple

  3. E653系電車の写真

    E653系電車/E653 Series Electric Car

  4. 旧済生館本館の写真

    旧済生館本館/Former Saiseikan Hospital

  5. 石舞台古墳の写真

    石舞台古墳/Ishibutai Tumulus

  6. 天空の茶畑の写真1

    天空の茶畑/Sky Tea Garden